離婚を求められているが、自分は離婚したくないなら

離婚したくないあなたの為の”方法”があります

具体的にはこのような状況で悩んでいる方へ。

  • 相手から離婚を切り出されているが、自分は離婚したくないと思っている。
  • 夫婦仲を修復して、離婚を回避したい。
  • 昔のような仲に戻したい。
  • 離婚を避ける為に色々頑張ったが、より状況を悪くしてしまった。
  • 自分はどうしたらいいのか?どうしたいのか?が分からなくなった・・・。

今の辛い状態を好転させていき、関係を「本来の状態」へ修復したいなら、その為のカウンセリングとセラピー(心の状態や相手との関係性に変化を起こす心理施術)をお試し下さい。

離婚したくないなら早いうちに、余力のあるうちに相談して下さい

世の中には「離婚カウンセラー」と称している人達がいます。離婚を考えた際に相談してね、とアピールしている人達ですね。

いわゆる「離婚カウンセラー」に相談する方がみんな「離婚したい」「離婚を考えている」という訳ではないでしょうが、基本的には離婚話が前提になっているサービスのようですね。

対して当サイトは、離婚を前提とはしていません。

「もう離婚だ~」「もうムリだ~」と思ってしまっている夫婦でも、実はまだまだ修復の余地があるんですね。

カウンセリング技術と心理施術の組み合わせで「関係修復」にフォーカスしていきます。

そういう意味では、同じ離婚を扱うでもむしろ「離婚させない」カウンセラーな訳です。

なので、離婚話が出ていても(相手から離婚を切り出されていても)、あなたは「離婚したくない」と考えているなら極力早い段階でご相談下さい。

修復への道が今のあなたには見えていないだけで「もうムリだ~」と思い込んでいるだけかもしれませんよ。(経験上、8割がたはそうです)

もう大丈夫。関係修復、状況好転への”道”が必ずあります。

今悩んでいる状況は好転できるんです。

何故そう言えるのか?それは、あなたがこれまで一生懸命行ってきた『最適化』を変え、更に無意識レベルで現状に変化を起こしていくカウンセリングを行っていくから。

最適化とは何か?(なぜ一生懸命に頑張っても、状況が変わらないのか?)

無意識レベルで変わるとはどういう事か?(カウンセリングの特徴・行っていく事)

「実際にどうしていったらいいか?」を明らかにしていきます。

もう自分1人ではキツイな~と思ったら
少しでも余力がある内に頼って頂ければと思います。

あなたを悩ますその状況、症状。テクニックやノウハウでは解消できるものではありません。ましてや「ツラい」「ウツっぽくなった」などと薬を飲んだりしても状況の好転に寄与しないのは明白です。

何故なら、今の状況は、あなたの心のクセや心の反応と、相手との関係性への噛み合わせによって生まれる、言わば「心が生み出す状況」そして「結果」でしかないから。

そうした噛み合わせによって生まれる状況は千差万別であり、「こういう時にはこうすればいい」といったパターン化されたノウハウでは、効果がないどころか逆効果になりかねません。(もしあなたが一般的な書籍のノウハウを既に試されていたのなら、この事を実感されていると思います)

あの人にとっての最善の答えが、あなたにとっては強烈な毒になってしまう訳ですね。

なぜ、このカウンセリングで「もうムリだ~」と半ば諦めていた状況が好転するのか?

それは、今の流れが止まり(事実、止める事ができます)その上で、あなたが好ましいと感じる状態に「心を最適化」させていけるから。

詳しくは以下のページにまとめましたのでご覧頂ければと思います。

なぜ一生懸命に頑張っても、状況が変わらないのか?

「実際にどうしていったらいいか?」が明確になります。

これ以上ムリする事無く、普段通りの生活を送りながら状況が好転していく

当サイトで扱っているジャンルの相談は「お気軽にご相談下さい」と言える様な内容ではない事は承知しています。

ですからあなたが「もうこれ以上自分だけではムリだ~」と思った時には、それ以上1人で頑張らないで頼って頂ければと思います。

初回カウンセリングのお申し込みはこちらからどうぞ

お名前
読みが分かりづらい場合はよみがなも併せてご入力下さい。

お申し込みのセッション

秘密保持契約についてはこちらをご覧下さい。
カウンセリングセッションに関する説明はこちらをご覧下さい。
セッションコースについてはこちらをご覧下さい。

ご希望日程1
3日~10日程度先の日程を目安にして下さい。(急ぎの場合は日程ご選択後、末尾の備考欄にその旨お書き下さい)

ご希望時間帯1

ご希望日程2
3日~10日程度先の日程を目安にして下さい。(急ぎの場合は日程ご選択後、末尾の備考欄にその旨お書き下さい)

ご希望時間帯2

お支払い方法
申し込み時より7日先未満の急ぎのご相談をご希望される場合はクレジット決済をご選択下さい。

メールアドレス
スマホを含む携帯メールをご使用の場合は、PCからのメールを受信できる様、ご設定ください。

電話番号
緊急の場合以外には使用しませんのでご安心下さい。

ご住所

備考
急ぎの事情がある等、事前に私に伝えておきたい事がある場合はお書き下さい。