守秘義務・秘密保持契約について

セッションを安心して受けて頂く為に

これまで当ルームのセッションには、一見、この様な内容の相談には縁遠いような立場の方や、この様なセッションを受けていると知られると自身の評価にダイレクトに影響してしまう恐れのある立場の方々にいらっしゃって頂きました。

そうした方々に来て頂けた理由の1つに、「守秘義務及び守秘義務に基づく秘密保持契約」があると考えています。

更に、この守秘義務そして秘密保持。単に口頭で言っているだけのものではありません。

代表カウンセラーが現役の行政書士でもある事から、セッションをカウンセラーとしてだけでなく行政書士の相談業務に準じる形でお受けし、当事者間の契約に基づく守秘義務に加え法令上の守秘義務に基づいた秘密保持を行います。

行政書士法上の守秘義務について

カウンセラーやセラピストはあくまでも民間の存在および資格であり、その守秘義務は職業倫理に基づくだけのものであるのに対して、行政書士の守秘義務は国家資格に基づくものです。

具体的には、行政書士法第12条および22条に基づき、業務上、知り得た秘密を決して漏らしてはいけない義務を負う旨、明確に規定されています。

万が一、行政書士が守秘義務に違反した場合には、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処せられます。

お話し頂く内容の守秘に関しては、それ位、厳重な義務を負っているものであるとご認識して頂ければと思います。

秘密保持契約の締結について

セッションでは、とてもデリケートな、中にはずっとひた隠しにしてきた様な辛い部分もお話し頂く事が珍しくありません。(勿論、私が無理に聞きだす事はしませんが、やり取りの流れの中で私の事を信頼して頂き、お話して頂く事も多いです)

そうした状況に、よりしっかりお応えする為、または「いくら守秘義務を徹底しています」と口頭で言われるだけではどうしても不安が拭えない方の為に、セッション実施にあたって上記の守秘義務を文書化した「秘密保持契約書」を作成して「秘密保持契約」を締結させて頂きます。

書面自体は当オフィスの守秘義務を書面化したもので、内容自体(書面自体)は既に作成済みですから、その書面にあなたからの署名押印を頂くだけでOKです。

(秘密保持契約書作成の有無では守秘義務の程度は変わりませんので、無理に作成される必要はありません。この点、ご安心下さい)

秘密保持契約書作成の流れ

契約書面の作成は以下のステップで進めていきます。

1.契約書面の郵送

セッション日時の確定および料金のお支払い確認後、当オフィス側の記入欄に全て記入押印した書面、正副2通をレターパックライトにて郵送します。(行政書士ゆう法務事務所名でお送りします)

尚、タイミングによっては書面のやり取りが初回セッション時に間に合わない場合がありますが、その場合でも書面上の契約締結日時は初回セッション時の日時を記載致します。

契約書の送付先について

契約書面を自宅に送付して欲しくない場合は、職場等の所在地をご指定頂くか、局留めをご指定下さい。(その際には、○○県○○市△△郵便局留と詳細にご指定下さい)

尚、契約書の送付は日本国内のみとさせて頂きます。海外への送付は行っておりませんので、この点も併せてご了承下さい。

2.書面の返送

当オフィスからの2通の書面が到着次第、その両方にあなたの氏名ご住所を必ず自筆でご記入頂き、押印(認印で結構です)の上で、1通を同封されている返送用の封筒に入れてお送り下さい。

契約書作成料金

秘密保持契約書の作成料金は、各セッション料金+¥4,000頂いています。

作成ご希望の方は各セッションコースお申し込みの際に、秘密保持契約書付きのコースをご選択下さい。

尚、契約書作成の有無で守秘義務の程度に変化はありません。書面にした方が安心できるという方向けのサービスですので、無理に申し込まれる必要はありません。


もう自分1人ではムリだ~と思ったら、ご相談下さい

当サイトで扱っているジャンルの内容は「お気軽にご相談下さい」と言える類のものでない事は承知しています。

それでも。ギリギリまで追いつめられる前に、思い詰めてしまう前に、少しでも余力がある内にご相談下さい。

「もうこれ以上ムリだ~」イコール「離婚や関係の清算」ではありません。まだ他にやれる事があります。

ですからあなたが「もうこれ以上自分だけではムリだ~」と感じてしまった時には、それ以上1人で抱え続けずに頼って頂ければと思います。

セッションのお申し込みは以下からどうぞ

お名前
読みが分かりづらい場合はよみがなも併せてご入力下さい。

セッションについて
秘密保持契約についてはこちらをご覧下さい。

ご希望日程1
通常、1週間~10日程度先の日程を目安にして下さい。(急ぎの場合は日程ご選択後、末尾の備考欄にその旨お書き下さい)

ご希望時間帯1

ご希望日程2
1~2週間程度先の日程を目安にして下さい。

ご希望時間帯2

お支払い方法
急ぎのご相談をご希望の場合はクレジット決済のみとなります。

メールアドレス
スマホを含む携帯メールをご使用の場合は、PCからのメールを受信できる様、ご設定下さい。

電話番号
緊急の場合以外には使用しませんのでご安心下さい。

ご住所

備考
事前に私に伝えておきたい事がある場合はお書き下さい。